BLOG

ワーホリの現実
伝えたい。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. きっかけ
  4. 仕事探しの現実

仕事探しの現実

ワーキングホリデーで来られる方のほとんどが仕事探しについて気になっていると思います。現地で働けるからそんなに予算必要ないんじゃないか?と思っている方も結構います。実際、私もそう思っていました…仕事探しそんなに甘くないです。英語もろくに話せない日本人を雇うわけですから、相当の努力が必要になってきます。逆を考えてみるとわかりやすいと思いますが、あなたが日本でレストランのオーナーをやっていると仮定して、日本語もろくに話せない外国人留学生を雇いたいと思いますか?思いませんよね…

日本人の留学生のほとんどの方が語学学校に行きたいと言います。語学学校もピンからキリで語学学校に通いたい場合は正しい情報を元に選ぶ必要があります。語学学校の先生は教師の資格がなくてもできてしまうのです。先生がころころ変わることも決して珍しいことではありません。実際に私も語学学校には3ヶ月通いましたが、そこで英語が伸びることありませんでした。実際に英語の伸びを感じ始めたのは、働き始めてからとホームステイ先の家族とお話をするようになってからでした。語学学校に通う際は多くても3ヶ月までにすること、そして語学学校をしっかり選んでください。安いからとかなんとなくで決めないでください。とはいっても、語学学校は全部同じように見えますので、実際に決めかねている方はお問い合わせ頂ければいつでもご相談にのれます。

I am looking for a job.

語学学校の話はさておき、仕事探しに最も重要なのは履歴書作りになります。履歴書だけ素晴らしいものを作り上げても仕事は決まりません。それはあなたではないことを見抜かれてしまうからです。せっかく良い求人を見つけてもそれでは機会損失になってしまいます。実際、履歴書を100枚配り歩くことはざらです。実際私が仕事を見つけるまでには3ヶ月かかりました。メールで問い合わせしても連絡がこない日々が続き、うまいこと面接までたどりつけても採用されることはありませんでした。私の履歴書は語学学校の先生にもチェックしてもらっていました。しかし、この履歴書が私の足を引っ張っていたのです…ある日カナダ人の方に履歴書を見てもらう機会がありました。(この方と留学生のサポートをしています)その時言われた衝撃の一言 ”This is not you!You have to change your resume otherwise you are not going to get job.”これあなたじゃないでしょ!履歴書を直さない限り、仕事が決まることはないよ。そう言われて、私の履歴書を一緒に作り直してくれました。ずっとカフェで働くことに憧れていた私は自分の英語力の低さにも関わらず仕事を選んでいました。履歴書を直した後にこのカナダ人の方にあるカフェを紹介してもらい面接までこぎつけることができました。面接の練習まで付き合ってもらい、見事に仕事をgetすることが出来ました。念願のカフェでのお仕事です。履歴書を直してもらってアドバイスしてもらってから仕事が決まるまで本当に一瞬でした。間違った方法ではいくら努力してもただただ時間を無駄にするだけなのです。”私の履歴書は語学学校の先生にチェックしてもらいました。”と書きましたが、恐らく文法だけチェックしてくれたのでしょう。誰もこの履歴書では仕事が決まらないよなんて教えてはくれませんでした… 彼らは私の仕事が決まろうが決まらなかろうが関係ないのです 。

せっかくワーキングホリデーで来たのに、仕事が決まらずに貯金の底が尽きて帰っていった方、結局居酒屋やラーメン屋で働きろくに英語も身に着かないまま帰っていった方今までたくさん見てきました。だからこそ、このブログを読んでくれている方にはそうはなって欲しくないのです。留学サポートとは何なのか、自分は何をしてもらいたいのか、何が必要なのか考えてみてください。

関連記事