BLOG

ワーホリの現実
伝えたい。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カナダ
  4. 現地に到着してからの生活

現地に到着してからの生活

現地についてからしばらくの間はほとんど外食をしていました。現地に頼りになる人はいなかったのでインターネットの情報だけを頼りにレストランへ。でも、インターネットの日本語の情報って日本人が書いているので、日本人目線の情報でしかないわけです。ほとんどの情報が日本食レストランを紹介する記事でした。日本人のほとんどの学生がカナダに来ているのに日本食を求めています。せっかくカナダに来たのに日本食を食べていたら日本にいるのと変わりません。そして、もちろん割高です。カナダではチップも払わなければいけないので、さらに高くなります。自分が働き始めたらわかることですが、時給の他にチップがもらえるということは非常にありがたいことです。周り回ってくるものなので、レストランで食事をした際にはチップを払ってあげてくださいね。

実際のわたしの食生活がこちら。スーパーで買い物をした後に、天ぷら定食を食べてみたり↓

居酒屋に一人で行ってみたり↓

白いご飯が食べたくて食べたくて仕方がなくて、炊飯器なんてものは寮にはなかったので、インターネットで調べてご飯を鍋で炊いてみたり↓

とんかつ定食を食べてみたり↓

こんな食生活をしていました。どうですか?これでは国が変わっただけで、日本で生活しているのとほとんど変わりないですよね。味はそんなに悪くはなかったですが。女の子が一人で夜出歩くのもあまりよくないですし、この調べる時間が非常にもったいなかったです。語学学校行って帰ってきてから夕食を考えて、帰ってきて次の日のお昼ご飯を考えて買い物に行って終わってしまう毎日でした。実際、英語の勉強に割く時間はほとんどありませんでした。こんなんでいいのだろうかと悩む日々…トロントでは様々な国の料理を食べることができます。でも、どこへ行ったらいいのかわからない…I have no ideaなわけです。そのことがだんだんストレスになってきました。

ある日、どうしても美味しいお肉が食べたくて、私の弟の友達がカルガリーに住んでおり、ステーキが美味しいところを教えてもらって行ったのがこちら↓

建物がめちゃくちゃお洒落!!!THE KEGというお店になります。チェーン店なので行ってみたい方はググってみてくださいね。でも、それなりのお値段です。

一人で豪勢にステーキを食べました。でも、こんな生活ばかりしていられません…

寮は12週間契約なので次住むお家のことも考えないといけない現実もありました。今度は家探しかぁ…この時はまだ働いてるわけでもなかったのと寮と学校の往復でしたので、携帯電話は学校と寮のWi-Fiだけで生活をしていました。携帯電話の契約、銀行口座の開設、考えることがたくさんありました。私が利用した日本にしか支店のない留学エージェントは全く役に立たないし、全て自分でやるしかありませんでした。こういう無駄を省くために現地の留学エージェントを利用すべきなのです。

カナダに着いてからは1日が本当にあっという間でした…カナダに来てみたものはいいけれど、本当は何がしたいのかわからない、仕事も決まらないし、お金も底をつきて帰ってしまう学生が結構いるのは残念ながら事実です。カナダに行くのは簡単です。ビザ取得して、保険に加入して、航空券購入して、住むところ手配して、パスポートとお金さえあれば誰でも可能です。そこから自分がどうなりたいか、留学エージェントに何をサポートしてもらうのかを考えながら留学の計画をしていくことがポイントになります。

関連記事