EXPERIENCE

嬉しい声が
届きました。

  1. HOME
  2. experience
  3. 語学学校開始2日目で意味がないことに気が付き、3日目に学校解約の手続きをしました。

Yulika

語学学校開始2日目で意味がないことに気が付き、3日目に学校解約の手続きをしました。

Yulikaさんは出発の前日に連絡をもらい、お会いしました。ワーキングホリデーの真実を全てお話し、とてもショックを受けられていましたが、Yulikaさんは常に前向きで行動力のある女性で、それにめげることなく挑戦し続けています。語学学校に意味がないとわかっても彼女のように辞めるという行為に至る学生はほぼゼロです。彼女の勇気ある行動には正直私も驚きました。周りからもったいないとか何しにトロントに来たのだとか相当バッシングを受けたようです。お金は無駄にしたかもしれませんが、語学学校はゴールではありませんし、仕事も決まっているのでその分稼げばいいのです。教科書英語ではなく、実践的な英語も学べますし、実際に彼女の英語力は初日にお会いしたときより格段に伸びていると現地のスタッフから聞いています。GTCAはこれからも彼女を応援し続けます。
私はGTCAのShokoさんと出国前日の夜に初めてお会いしました。留学エージェントが教えてくれなかった衝撃的な事実が多く、結局不安を抱えたままの渡航となってしまいました。
トロントに到着した翌日には、右も左も分からない私をGTCAのスタッフの方がステキなカフェや、有名な市場に連れて行って下さいました。 知り合いも友達もいない状況でとても寂しく一人で過ごす予定だったのでその優しさには感謝しきれません。
また、翌週にはGTCAが開催しているトロント市内を回る英会話のツアーにも参加させていただきました。私の全く文法があってない、単語を横並びにしたような英語を理解しようとしてくださったり、なかなか交通機関では通れない所を車で回りながら沢山の場所を紹介して頂きとてもステキな時間を過ごしました。

私は当初3カ月語学学校に通う予定でしたが、学校開始2日目で学校に通い英語を学ぶと言うのが意味がないことだと思い3日目に学校解約の手続きをしました。Shokoさんからも語学学校は意味がない。もし語学学校に通うのであればしっかりと選ばないと無駄金を払うことになるし、留学エージェントは語学学校を販売することが目的なのであなたの英語が伸びようが伸びなかろうが関係ないのですよと出発前に言われました。実際に払った金額は大きかったので、まわりの友人や両親、エージェントの方からも「もったいない」と言われ続けましたが、私の中で既に決着がついていたので解約を進めました。 周りからかなりバッシングを受け続けましたが、Shokoさんはいつも私の味方でいてくれて「自分の時間をどう使うかは自分で決める権利がある。Yulikaさんは正しい」と言ってくださいました。戻ってきたお金は30%に満たないぐらいです。解約手数料も留学エージェントと学校に取られました。

私は学校に通うことが意味がないからという理由で解約したにも関わらず、他の学校のパンフレットを目の前に並べられ 新しい学校に変えるなら手数料は必要ないと、使っていた留学エージェントの方に言われ再契約させようとされたのは不快でしたね。既に仕事が決まっていることを話したにもかかわらず、この対応はありえないと思います。

学校をやめたら何をしていいかわからなくなるのでは?仕事が決まらないんじゃない?と言われながらも、私は翌日からレジュメをカフェやショップに配り歩き仕事を探していましたし、英会話のチューターにレッスンを依頼していたので学校にいる時より話す回数は必然的に増えました。

すぐにフルタイムで働ける環境が出来たのと、ビザの期限が長い関係で仕事はトロントに到着して2週間で決まりました。飲食業ではなく、希望していたオフィスの仕事を手にすることが出来、本当にタイミングと自分の決断が正しかったのだとここで気きました。
オーナーとのメッセージや、予約システムの管理、経費精算などすべて英語環境での仕事なので最初は意味がわからず何回も聞き返していましたが、慣れていくうちに理解できるようになり躊躇せず口から言葉を発することが出来るようになりました。

結果的にはたくさんのお金を無駄にしてしまいましたが、正しい道に導いてくださり、トロントで充実した日々を送ることが出来ているのはGTCAの皆さんのおかげです。もう少し早く出会っていたら、私のワーキングホリデーのプランは180度変わっており、大金を無駄にすることもありませんでした。